借金返済で過払い金が発生しているかも!【弁護士におまかせ】

男女

のんびりしてられない

過去に貸金業者からお金を借り借金返済していた方は、過払い金が発生している可能性があります。請求するなら早急に手続きをしなければならないです。その理由は、完済から10年経過すると時効で請求できなくなるからです。

ジャッジガベル

法律事務所の選び方

過払い金返還請求をする場合、どの法律事務所がよいか、選ぶポイントとしては相談料無料、借金返済が終わっていれば着手金無料、全国展開している大手事務所に依頼をするのがポイントです。相談料無料は債務整理に関してはもはや当たり前です。

本

弁護士に依頼するメリット

最高裁判所によってみなし弁済が否定されるまでは、過剰な利息を伴った借金返済が行われていました。そこで、弁護士に依頼すれば、過剰に支払った返済額の中から過払い金を算出し、消費者金融から余計に支払った利息を取り戻してもらえます。

説明

個人手続きは時間がかかる

過払い金返還請求手続きは、個人でもできますが司法書士や弁護士に依頼しても行える手続きです。ただし、書類の作成や準備、利息の計算、債権者との交渉、借金返済中の借入先がある場合など手続きが複雑です。弁護士や司法書士に依頼することで、手続きを代行してもらえます。

女性

弁護士と司法書士の違い

借金返済で苦しんでいる場合、まずはお金を支払いすぎていないか確認することが大切です。過払い金があることを確認したら自身で請求するのではなく、プロに任せておくようにしましょう。また、依頼する際はもちろん費用が発生するのでどういった費用が必要かも確認しておくと良いです。

満額近い金額で回収

電卓

法律のプロにおまかせ

過払い金の返還請求手続きは、インターネットなどで検索すれば弁護士や司法書士に頼らずとも個人でも請求手続きができるマニュアルを紹介しているサイトがあるくらいなので、個人でも行うことができます。借金返済してきた履歴からどれくらい利息を払い過ぎているかを計算できる無料ソフトもあります。個人で行った方が、費用もかからないので回収した過払い金がそっくりそのまま手元に入ってきます。しかし、問題は請求することができても請求額がそのまま返ってくるとは限らないことです。金融業者によっては、半分しか返ってこない、さらには返還に応じないと強気に出てくる業者もあります。また、素人であると難しい部分として空白期間です。借金返済が終わってから数年して再借入れしたケースです。この場合、第一取引、第二取引と個別で計算するのか、それとも一連取引として計算するのかです。個別取引のほうが発生額が少なくなるので金融業者はこちらを主張してきます。一連取引として主張したいなら法的根拠も必要になってきます。法律知識や交渉力も必要になってきますので、過払い金返還請求は法律のプロである弁護士におまかせ依頼したほうがおすすめです。弁護士に依頼して受任となったらあとは、弁護士が債権各社と個別に借金返済履歴を取り寄せ個別に返還交渉をしてくれます。せっかく頑張ってく借金返済したのに必要以上に払っていた、満額近い回収を目指すためにも弁護士に過払い金返還をお願いすることです。