借金返済で過払い金が発生しているかも!【弁護士におまかせ】

のんびりしてられない

男女

時効が迫っています

過払い金という言葉、法律事務所のテレビCMなどでも聞いたことがあるかと思います。過去に消費者金融からお金を借りて借金返済していた人の中には、法律で定められた金利を超えて支払っているという人がいて、払い過ぎた利息は返してもらうことができます。利息制限法では、限度額に応じて15%〜20%としています。29.2%などの金利で借金返済をしていた方は過払い金が発生している可能性があります。確かにかつて消費者金融からお金を借りて借金返済をしていたけれど、当時の契約書や利用明細書、カードも無い方も弁護士に相談されることをおすすめします。ただ、過払い金返還請求したい気持ちはあっても今は忙しい、面倒だから時間的に余裕ができてときに相談をしにいこう、これはダメなことです。その理由としては、過払い金返還請求できるのは借金返済が終わってから10年以内となっています。完済をした日から10年経過してしまうと時効により請求する権利を失ってしまうのです、これでは、いくら過払い金が発生していたといっても取り戻すことができないのです。時効以外の理由で早急に手続きをしなければならない理由として、倒産があります。年々貸金業者の数は減っていっています。過払い金返還が経営を圧迫して倒産を余儀なくされる貸金業者が多いのです。大手でも倒産するくらいです。のんびりとしている暇はなく、お心当たりのある方は早急に弁護士に相談をすることです。