借金返済で過払い金が発生しているかも!【弁護士におまかせ】

個人手続きは時間がかかる

説明

早期解決ならプロに依頼

過払い金返還請求は個人でも行うことができる手続きです。司法書士や弁護士に依頼をしてもできる手続きです。個人で行った方が専門家への費用が発生しませんので、お金をかけずに手続きをすることができますが、すべて自分で手続きをするとなると書類を準備したり、複数の借入先に対して請求を行うのであれば個別に1社ずつ交渉が必要、借金返済途中の借入先まで請求を行うとなると手続きが複雑になり、非常に手間と時間がかかってしまいます。借入先の金融機関との交渉だけで解決できればいいのですが、お互い折り合いがつかず訴訟へ移行することもあります。そうなると法的知識も必要になりますし、平日に出廷をしなければならないなど、過払い金の返ってくる期間まで個人で行う場合と専門家に依頼する場合とでは違いが出てきてしまいます。最初から弁護士に依頼をしておけば、面倒な書類の準備や作成、債権者との交渉、裁判所への出廷など過払い金が返ってくるまですべて手続きを代行してもらうことができます。また、借金返済中の借入先がある場合も弁護士に依頼することで一旦返済や督促をストップして和解が成立してから返済を再開することもできます。過払い金は、こちらから請求しないと取り戻すことができないお金です。債権者が、これまで借金返済してましたが払い過ぎた利息があるので返しますと親切に知らせてくれることはないのです。違法な金利で借金返済してわけですから、取り戻す権利があります。