借金返済で過払い金が発生しているかも!【弁護士におまかせ】

弁護士に依頼するメリット

本

借金の対応を弁護士に依頼

過去、消費者金融が主張していた、法律違反の金利でも債務者が任意に支払ったものであれば、「みなし弁済」として有効な返済であるという論調が最高裁判所によって否定されました。その判決以降、消費者金融に対しては借金返済ではなく、逆に過払い金の返還請求が増加します。なお、過払い金の返還請求は債務者本人でもできますが、借金返済の当事者が要求しても消費者金融はまともに対応してもらえません。また、法律の素人である債務者と借金返済問題の経験豊富な消費者金融の担当者が話し合っても、解決策が出てきません。そこで、法律の専門家である弁護士に依頼すると、過払い金の返還手続きが急激に進展します。例えば、取引履歴の開示請求においても、弁護士が請求するとすぐに提出されます。さらに、消費者金融の方から過払い金の返還に対する和解の話も提示されてきます。なお、弁護士に依頼すると20〜30万円の着手金が必要になり、また過払い金の返還金額に応じて10〜20%の報奨金を支払わなければなりません。そのため、返還される過払い金の金額がその負担額に見合ったものでないと、弁護士に依頼するメリットがありません。ただ、金額的に問題がなければ、弁護士に依頼した方が得策です。実際に、裁判ともなればそれに関わる時間的、精神的負担はかなり大きくなります。消費者金融との借金返済の解消及び過払い金の返還交渉、返還請求の訴状の作成、裁判所への訴訟手続き、裁判所への出頭など、すべてを会社勤めをしながら自分で行うのは無理があります。費用対効果をよく見極めた上で、弁護士への依頼を決めることが重要です。