借金返済で過払い金が発生しているかも!【弁護士におまかせ】

弁護士と司法書士の違い

女性

司法書士にかかる費用

借金返済が不能になったことで、借金のために借金を繰り返す人がいます。ところが、そのような多重債務者の中には借金返済どころか、支払ったお金を返してもらえる人がいます。それは、「過払い金」と言って、支払う必要のない法律で規定された以上の利息を支払っていたからです。過払い金の返還請求は自分でもできますが、法律の知識が必要なため、専門家に依頼した方が得策です。その専門家には、弁護士と司法書士がいます。本来、司法書士は登記を本業としており、その他には裁判所や検察庁へ提出する書類の作成を行っています。借金返済などの法的なトラブルは弁護士しか対応できませんでしたが、2003年の法改正によって、総債務額が140万円までに限り、司法書士(認定司法書士)でも法的な代理業務が可能になりました。従って、借金返済における任意整理交渉や、過払い金の返還請求の代理業務を司法書士でも行えます。なお、費用面においては、司法書士の方が弁護士より安く済む傾向にあります。従って、過払い金の返還額が少なくなりそうな時は、司法書士に依頼した方が費用倒れになる可能性が低くなります。ちなみに、過払い金の返還請求を司法書士に依頼した場合の主な費用には以下などがあります。まず着手金ですが1社当たり2〜4万円。着手金は依頼した時点で支払う費用のため、過払い金が回収できなくても負担しなければなりません。なお、着手金を取らずに、成功報酬を多く取る司法書士もいます。次に成功報酬となり、10〜20%過払い金として返還された金額に応じて支払います。